歯科衛生士求人特集 > 歯科衛生士 転職Q&A > 前職の退職理由は正直に言うべき?

前職の退職理由は正直に言うべき?


退職理由であなたの人間性が見極められている

どの職種でもそうですが、面接を受ける際に前職の退職理由を聞かれる事があります。

正直に退職理由を述べる事も大切ですが、あまりにも正直に話し過ぎてしまうと採用する歯科医院側には悪い印象を与えてしまう可能性があります。

歯科医院側にマイナスの印象を与えてしまうと採用をもらえる可能性が低くなってしまう可能性があるので前職の退職理由を述べる時は慎重に答えるようにしましょうね。

歯科医院側が前職の退職理由を聞く理由は様々なのですが、主に仕事への意欲や意識、すぐに辞めてしまわないか、などの事を確かめるために退職理由を聞いていると言います。

こういった所でもあなたの人間性が見極められているの注意しましょうね。

前向きな退職理由で好印象を与える

前職の退職理由を述べる時には前向きな言葉で理由を述べましょう。

例えば、

・スキルアップのため
・歯科衛生士として視野を広げたい
・家庭と仕事を両立するため

など、歯科医院側に悪い印象を与えない理由を用意しましょう。

特にスキルアップが理由の転職は歯科医院側にもしっかり好印象を与える事ができます。

将来の事をしっかり見据えているという印象や仕事への意欲があるという印象を与える事ができ、プラスの評価に繋がるでしょう。

このように、前職の退職理由を聞かれた時は前向きな言葉、ポジティブな言葉を使うと歯科医院側にもしっかり好印象を与える事ができるので、面接を受ける前にあらかじめ対策しとく事をおすすめします。

ネガティブな言葉は控える

退職理由を述べる際にネガティブな理由を述べてしまうと歯科医院側には悪い印象を与えてしまい、採用しても同じような事があるとすぐに退職してしまうのでは?という疑問も持たれてしまいますので注意しましょう。

ネガティブな退職理由は、人間関係や給料面、環境面への不満に関する事になりますのでこうした事が原因の退職理由は述べないようにしましょうね。

他にも受け身の言葉や批判的な言葉、不満の言葉も使わないようにしましょう。

どれも相手には悪い印象を与えてしまうものばかりですので退職理由を述べる時にはネガティブな言葉は控えるようにしましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

前職の退職理由は正直に言うべき?:関連ページ

新しい歯科医院のやり方に慣れるかが不安
新しい職場にすぐ慣れるためのポイント 新しい歯科医院のやり方に慣れるかが不安。 この悩みは歯科衛生士さんだけで […]
就業後のギャップの差の悩みを解決したい
就業後の後悔はできるだけ避けなければいけない 就業後に自分のイメージと違い、そのギャップの差に後悔する歯科衛生 […]
条件が良い歯科医院に転職するにはどうすればいい?
自分が歯科医院に何を求めるのかを明確にする 歯科衛生士さんに限らず、転職者からよく条件が良い職場に転職をするに […]
実務経験がないと採用されにくい?
やはり経験がないと就職は不利? 養成機関で歯科衛生士の資格を取得したが在学中に就職が決まらなかったという方や一 […]
急募の歯科衛生士求人は採用されやすい?
急募求人はすぐに採用をもらえる可能性がある 歯科衛生士求人を見ていると様々な求人を見る事ができ、その中のひとつ […]
ブランクがあると採用されにくい?
ブランクがある事で歯科衛生士への復職を躊躇している方へ 現在、歯科衛生士への復職をお考えの歯科衛生士さんも多い […]
子供がいる歯科衛生士は採用されにくい?
子供がいても安心して働き続ける事ができる職場を見つける 現在、歯科衛生士の求人を探している方の中には子供がいる […]