家庭・育児と両立するため


歯科衛生士の仕事と家事・育児を両立するのは難しい

歯科衛生士は、ほぼ女性が活躍している職業と言えます。

そのため、歯科衛生士の退職理由のトップ3に入るほど結婚や出産のタイミングで辞めたいと考え、転職や退職を考える場合が多いです。

私生活が変化することで、土日祝日がお休みではないというのも歯科衛生士を辞める理由や、他の職種に転職したいと思う理由の一つとして挙げられるようです。

ある程度子どもが大きくなってきた幼稚園や小学生頃から、資格を活かして復職をする方も多くいらっしゃいます。

歯科衛生士の資格は一生活かすことのできる国家資格になりますよね。

全国の歯科クリニックなどに就職することができるので、離職する前の経験や知識を活かして歯科衛生士としてもう一度働くことを希望するのは自然なことかもしれません。

しかし、歯科医院の診療時間や診療日などが原因でフルタイムの正社員での復職は難しくなっています。

正社員やフルタイムパートの場合、午前と午後の診療時間の間のお昼休み、夕方休憩などがあり、休憩時間が3時間程度、拘束時間が10時間以上になることもあります。

正社員でも交代勤務であるシフト制が導入されていてスタッフ数人で働くこともありますが、少人数のスタッフだとフルタイムで働くことができなければいけません。

終業時間や拘束時間が長い時間ということもあり、子育て真っ最中の歯科衛生士の就業は厳しい状況ということになりかねません。

パートで働く方や他の職種に転職する方も増えている

歯科クリニックでは人数が少ないということもあり、一人の歯科衛生士がお休みをすると歯科医院自体が回らなくなるというケースもあります。

子どもがまだ小さい時は、子どものことで急に休まないといけなくなることってあるんですよね。

小さな歯科医院では人が少ないので、平日にお休みが取れなかったり、ましてや急な休みなんてもってのほか・・・という所が多いです。

そのようなことから、家庭と育児と歯科衛生士の仕事を上手く両立するために、短時間パートで働く方や、歯科衛生士とは全く違った職業に就く方と様々です。

子どもが小さいうちは、他の職種で働き子育てが終わったら歯科衛生士の仕事に戻る、という方もいらっしゃいます。

歯科衛生士が退職や転職する理由は、人間関係・結婚、出産・収入が少ないという3つが挙げられます。

しかし、求人数が多く、働き方を選べる職場もあり、女性が結婚・出産後に復職しやすい職業とも言えます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家庭・育児と両立するため:関連ページ

労働時間・拘束時間が長い
朝早くから夜遅くまでの長時間診療などをしている歯科クリニックが多い 近年コンビニより多いと言われている歯科医院 […]
週末・祝日休めない
24時間診療、土日祝日診療を行なっている歯科医院も増えてきている 歯科医院の診療日や休診日に応じて、歯科衛生士 […]
給料が安い・福利厚生に不満
仕事内容の割に給料が安い歯科衛生士 歯科衛生士の仕事は、患者さんのお口の中の健康をサポートすることです。 仕事 […]
院長やスタッフとの人間関係
人間関係で悩んでいる歯科衛生士さんへ 院長やスタッフとの人間関係を転職理由や退職理由にしている歯科衛生士さんは […]