歯科衛生士求人特集 > 歯科衛生士について > 歯科衛生士が活躍している職場

歯科衛生士が活躍している職場


歯科衛生士の就職先は歯科医院だけではない

歯科衛生士を目指すには、高校を卒業後歯科衛生士を養成する専門学校・短期大学・大学などで歯科衛生士としての知識や技術を3年以上学ぶ必要があります。

卒業後、歯科衛生士国家資格試験に合格すると得られる専門職となります。

歯科衛生士の就職先で最も多いのは、個人開業の歯科診療所です。

歯科診療所では、歯科医師のそばで治療をスムーズに進めるサポート役として、とても重要な役割を持っています。

ですが、歯科衛生士の就職先は、歯科医院だけとは限られていません。

・医薬品メーカーなどの歯科関連企業
・一般企業などの歯科診療所
・大学病院や総合病院などの歯科(予防歯科・小児歯科・保存科・補綴科・矯正科・口腔外科など)
・地域の保健センターや保健所

などの就職先があります。

他には、老人介護施設や訪問介護、そして歯科衛生士学校での教員などです。

現在の歯科医療は、治療から予防へ、さらには摂食や嚥下など口の機能訓練へと大きく変化してきています。

元気で健康な身体でいるためには、「自分のお口から食べる食事」から保たれます。

食べたい物を食べる幸せや喜びは、お口の中が健康であるからこそ感じられることなのです。

歯科衛生士は、予防歯科におけるプロフェッショナルになりますので、専門的知識と技術の予防で処置ができ、お口の中をキレイにし、お口の機能を正しくすることができます。

食べ物を美味しく食べられることで、体力アップへつながりますから、健康的な体作りのサポートにもなりますね。

以上のことから歯科衛生士に求められることは、予防歯科という観点からさらに必要不可欠な存在となるでしょう。

今後も歯科衛生士の活躍の場は広がる

歯科衛生士の活躍の場が広がることによって、求人数は年々増え続けています。

また、歯科衛生士は国家資格のため結婚や出産などが理由で一度離職しても再就職にとても有利です。

歯科衛生士の仕事は、いつでも非常に重要な役割を持っています。

人手不足の歯科医院も多くあることから、求人は見つけやすいでしょう。

生活スタイルや食生活の変化と共に、最近では子供が歯槽膿漏などの病気にかかるケースもあります。

保育園や幼稚園、小学校、中学校などへの、歯科口腔指導・歯磨き指導などで活躍をしている方もいます。

さらに高齢化が進んでいる現在では、寝たきりの高齢者への口腔内健康管理のため、歯科衛生士による訪問での処置や指導も始まりつつあります。

歯科衛生士というと、歯科医師が開業している歯科クリニックや診療所でしか働けない・・・というイメージが強いですが、このように広い範囲で活躍することができます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

歯科衛生士が活躍している職場:関連ページ

パートの歯科衛生士求人
パートを積極的に募集している歯科医院も増えてきている 歯科衛生士の求人を見ているとパートでの働き方ができる求人 […]
派遣の歯科衛生士求人
派遣での働き方を選択する歯科衛生士さんも増えている 一昔前と違い現在、歯科衛生士の働き方は様々です。 パートを […]
歯科衛生士求人の現状
様々な職種の歯科衛生士求人を見る事できる 歯科業界で重要な役割を担う歯科衛生士。 どの歯科医院でも歯科衛生士は […]
歯科衛生士の給料・年収
歯科衛生士の平均年収・月収 歯医者さんに行くと、歯科医師のそばで治療のアシストをしている女性がいますよね。 そ […]
歯科衛生士の将来性
歯科衛生士からキャリアアップする事も可能 歯科衛生士は、歯や口腔に関する専門的な知識や技術を要する国家資格です […]
歯科衛生士のやりがい・魅力
歯科衛生士にはやりがい・魅力がいっぱい! 歯やお口の健康を守ることは、健康でハツラツとした生活を送るにはとても […]
歯科衛生士の役割・仕事内容
口腔衛生を通して体の健康や元気を守る専門職 何歳になっても、自分の歯で食事ができ、会話を楽しむことができること […]