歯科衛生士求人特集 > 歯科衛生士 転職 > 歯科衛生士教職員へ転職

歯科衛生士教職員へ転職


歯科衛生士のスキルを教職員に活かす

歯科衛生士の資格は教育機関でも活かす事ができます。

あなた自身も歯科衛生士になるために専門学校や養成学校に通って歯科衛生士のスキルを身に付けて資格を取得したと思いますが、歯科衛生士の資格を取得していればこの専門学校や養成機関で教職員として活躍する事もできるんです。

歯科医院が活躍できる職場を『歯科衛生士=歯科医院』というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、歯科衛生士が活躍できる職場は多くありますので、転職をお考えの歯科衛生士さんには教職員としての道もあるという事を頭に入れてほしいと思います。

歯科衛生士の専門学校や養成学校は教員免許や公務員試験を受けなくても教職員として働ける事がありますので、人に教える仕事がしたい、自分の手で歯科衛生士を養成したいという歯科衛生士さんは教職員の求人も探してみてはいかがでしょうか。

専門学校や養成学校で働き始めていきな生徒に教育するという事はなく、はじめのうちは先輩になる教職員のサポート役に徹する事になるので教職員としての仕事を覚えながらスタートする事ができます。

教職員にはやりがいも多くあり、自分が養成した生徒が歯科衛生士として卒業し、歯科医院で活躍する姿をみると大きなやりがいを得る事ができると聞きます。

教職員は歯科医院での働き方とは全く異なりますが、自身のキャリアアップにも繋がりますし、違う方から歯科業界を支えていく事ができますよ。

公務員試験を受けてキャリアの幅を広げる事も可能

また、歯科衛生士が公務員試験を受けて合格する事で公務員として保健所で働く事ができます。

保健所での歯科衛生士の主な役割は歯の健康指導や咀嚼指導、口腔ケア、などになり、小学校などの教育機関や介護施設なでで歯の健康指導を行う事もあります。

教職員と同様に違った方向から人々の歯の健康をサポートする事ができ、歯科業界を支えていく事ができます。

公務員試験はそう簡単に合格する事ができない試験ではありますが、公務員試験に合格する事で歯科衛生士としてのキャリアの幅も広げる事ができるので視野を広げて仕事探しを行う事ができますよ。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

歯科衛生士教職員へ転職:関連ページ

歯科医院から口腔外科へ転職
口腔外科へ転職をしてスキルアップ 歯科衛生士さんが専門学校を卒業してまず初めに選ぶ職場は歯科医院になる事が多い […]
歯科衛生士として保健所へ転職
保健所でも活躍できる歯科衛生士 多くの歯科衛生士が活躍している職場が歯科医院になります。 歯科衛生士=歯科医院 […]
歯科衛生士から医療機器メーカーへ転職
歯科衛生士のスキルを活かして医療機器メーカーへ転職 現在、転職を考えの歯科衛生士さんには視野を広げて求人探しを […]
歯科衛生士として介護業界へ転職
介護業界で活躍する歯科衛生士 歯科衛生士が活躍できる職場は歯科医院だけではありません。 近年、介護業界で活躍を […]